私の見ている世界

子供たちが成人して、愛犬たちとメダカたちに夢中。傍らで綴った小説は、来春電子書籍化されます

我が家の画伯

子育てをしているみなさま、子供の描いた絵をどうしていますか?

 

私に大切に飾っている絵が4枚あります。

f:id:chihiroukiuki:20210714222645j:image

30年前に自分で描いた一枚の絵

坂村真民さんの詩を添えているのは、私の大好きな先生が、この詩をメッセージにくださったからです。

 

f:id:chihiroukiuki:20210714222929j:image

タイトル『ひまわりと小人』

子供が幼稚園の頃に通っていた絵画教室で絵。

県のコンクールで何かの賞をいただきました。この絵を最後に、上の子が天才的な絵を描くことはありませんでした(笑)

 

f:id:chihiroukiuki:20210714223345j:image

末っ子の中学一年生の時に美術の授業で作った作品。切り絵です。他の生徒が、花や動物、風景を作る中、娘はこの作品を作り、美術の先生にとても誉められた作品です。当時、娘はたくさん悩み苦しんでいました。

本人に確認はしていませんが、人の手の温もりを何より求めて、何より大事にしていたのだとおもいます。

 

f:id:chihiroukiuki:20210714223622j:image

これも末っ子の絵。前出しのものより前、小学校6年生の時のもの。私とお姉ちゃんと2人のお兄ちゃんを描いたものですが、いつも私たちの背中を道しるべにしていることがすごくわかる一枚。IKEAさんで購入した額縁に入れて、リビングの中央に飾っています。

当時この絵を見た時、私は末っ子に、

「自分がいないじゃん」と尋ね、末っ子は、

「いるじゃん。私が見てるからこの風景なの。この絵には見てる私がちゃんといるんだよ。」

そう言いました。

 

子供たちは皆、大人になり、それぞれの道を歩き、それぞれの暮らしをしています。

世界中でたった一枚、愛が溢れるこの4枚の絵だけは、どんなとこがあっても手放すことのない大切な宝物です。

 

#絵画 #子供の絵 #宝物