私の見ている世界

子供たちが成人して、愛犬たちとメダカたちに夢中。傍らで綴った小説は、来春電子書籍化されます

気温と日差しと生命力

4月になり、日差しだけは春本番です。外に出るとやっぱり北風は冷たくて、こう言うのを花冷えというのでしょう。それでも、ガラス越しのお日様に、メダカたちは満足そうですね。

我が家の愛犬、シェリーちゃんとももちゃんも、日向ぼっこで、太陽を燦々と浴びています。

f:id:chihiroukiuki:20220402153723j:image

人も犬もメダカも若芽も花も、やっぱり春の日差し嬉しいですね。

 

以前お話しした、メダカのカメに入れるものですが、タニシにしようかとメダカ繋がりの知人に相談してみました。回答。

「うちもタニシ考えた時期あったんですけど、入れてないのにいつの間にかいたんですよ。たぶんいるんじゃないですかね?」

 

そう言われて、40分ほど水の中をじっくり観察。すると、茶色く動くものが…。見れば見るほどいるんですよ。枯れた浮草だとばかり思っていたその焦茶色こそタニシです。

f:id:chihiroukiuki:20220402153747j:image

売店で尋ねてみたら、水草にしているものが、天敵のいないカメの中で繁殖したんでしょう、ということ。

「タニシは暖かくなると尋常じゃないほど増えますから、取り出した方がいいですよ。」

ということでした。

f:id:chihiroukiuki:20220402153757j:image

既に数え切れない量がいるみたいです。しばらく駆除作業になりそう…。