私の見ている世界

子供たちが成人して、愛犬たちとメダカたちに夢中。傍らで綴った小説は、来春電子書籍化されます

愛犬の声

少し前に行きつけの美容院へ行ってきました。

美容院で「愛犬の吠える声でご近所に迷惑をかけているというお客様がいた」という話を聞きました。そのお宅には、ゴールデンレトリバーの男の子がいて、隣接する家の方の姿を見ると吠えるそうです。

 

何故犬が吠えてはいけないのでしょうか。

f:id:chihiroukiuki:20220421014503j:image

以前、私の家に行政から電話がかかってきたことがあります。内容は「犬が吠えるのが怖いから、道路に向かって吠えないように躾をしてください」というものでした。

私の家のリビングは、通りに面していますが、リビングと道路の間に庭があります。リビングの大きな窓ガラス下半分には、壁用の不透明なシートを貼っていて外が見えません。その上、簾とレースのカーテンをしています。もちろん、たとえ道路に向かって吠えていても見えるわけがありません。それに、道路側の庭に愛犬たちを出すこともありません。道路から最も遠い反対側の庭に愛犬たちを出すからです。

我が家の愛犬たちが吠えるのは、私の家の前に数名の女性たちが集まって井戸端会議をしている時。賑やかなおしゃべりと笑い声に反応して吠えます。

こちらからすれば、その声こそ騒音。井戸端会議なら、別の場所でやってほしいものですが、私の家の前が、少し広くなっていることで、たぶんそこに集まってしまうのかもしれません。

そして、もう一つ吠える原因は、ご近所の犬のお散歩。私の家の前で止まる犬、吠える犬に反応するからです。

私の家から市役所まで、歩いて2分とかからないため、行政の方にこう言いました。

「今現在、道路に向かって吠えないように対策をしていますので、実際家を見に来てください。」

行政の方が15分ほどして家に来ました。家の対策を直接見ていただいて、家の前での井戸端会議のことを話しました。

その後、家の前での井戸端会議はなくなりましたから、きっとその方たちの誰かが行政へ言ったのだろうと思います。

誰が言ったとしても、そんなことはどうでもいい。犬は吠えてはいけないのに、公共の場での人々の大きな笑い声は気にしないという思考に疑問を抱きました。

 

何故吠えない犬は良い子で、吠える犬はダメだというのでしょうか。無駄吠えという言葉を聞きますが、無駄かどうかの判断基準は人。犬の気持ちはわからない。吠えることが悪いのではなく、何故吠えるのかを考える必要がある気がします。

 

うちのご近所には、大音量でテレビを見ている方がいます。もう少し暖かくなると、窓が開きます。

駅まで5分のうちの周りは、キャリーケースをガラガラと引いて歩く音が響きます。朝の5時過ぎから。

夜中にバイクの頭しますし、日中は保育園の子供たちが泣きながらお散歩します。先生の大きな声も響いてきます。

ピアノの音もバイオリンの音もします。

 

誰もその街が生きている証拠。もちろん犬の鳴き声も。

それぞれの立場になって考えることができる。人にも犬にもものにも、優しい社会でありたいです。