私の見ている世界

子供たちが成人して、愛犬たちとメダカたちに夢中。傍らで綴った小説は、来春電子書籍化されます

愛犬と一泊旅行 おまけ

 

今回、思っていたより夏日の中での旅だったので、愛犬たちの体調が少し心配でした。シェリーちゃんは、7年前に一度熱中症気味になってしまったこともあり、暑さに弱い子なので。

f:id:chihiroukiuki:20220605090214j:image

帰宅後5日を経過して、現在シェリーちゃんとももちゃんの体調に何ら問題なく過ごせています。

f:id:chihiroukiuki:20220605085902j:image

昨年大きな腫瘍摘出手術を無事に終え元気になったシェリーちゃんと、10日後に鼠経ヘルニアの手術を控えているももちゃんと、子供たちも揃った一泊旅行でした。ももちゃんの手術が無事に終わったら、また家族旅行を楽しめるのだろうと信じています。

そんなわけで、ブログで紹介しきれなかった箱根江ノ島の美しいショットと、シェリーちゃんとももちゃんの超絶可愛いショットをお伝えします。

 

芦ノ湖では、車の通らない湖畔の遊歩道があるため、愛犬たちとの散策も安心でした。

f:id:chihiroukiuki:20220605090506j:image

ちょっとデコボコの道だけど、シェリーちゃんは初めての道に興味深々。

f:id:chihiroukiuki:20220605090927j:image

芦ノ湖の眺望もこんなにきれいです。

湖畔なので、アップダウンもなく歩きやすい。

f:id:chihiroukiuki:20220605091715j:image

遊覧船乗り場の先まで行くと、広々とした草むらも木陰もあり、お外が大好きなシェリーちゃんは年甲斐もなくなかなかアクティブでした。

f:id:chihiroukiuki:20220605091826j:image

ずっと抱っこされていたいももちゃんも、人も車も少ないここだけはちゃんと歩きました。

 

続いてホテルでのショット。

f:id:chihiroukiuki:20220605092005j:image

寛いでいる隣に顔を出したら、シェリーちゃん驚きのショット、ももちゃんは微動だもせず。

 

ホテル内のドッグランも。

f:id:chihiroukiuki:20220605092230j:image
f:id:chihiroukiuki:20220605092234j:image

 

江ノ島でもシェリーちゃんは元気です。

f:id:chihiroukiuki:20220605092339j:image

ももちゃんは甘えん坊。

f:id:chihiroukiuki:20220605092425j:image

 

愛犬と共に過ごせる飲食店も宿泊施設も本当に多くなりました。

『犬と人間は違う』

そんなことは百も承知ですが、私たち愛犬家にとって、愛犬は本当にいとおしい家族です。だからこそ、出かけるときは一緒がいいし、一緒に楽しめる時間と場所が欲しい。

犬は言葉を話さないけれど、全身で「嬉しい」を表現してくれます。その「嬉しい」を見られたら、私たち家族も嬉しい。

 

今回、シェリーちゃんとももちゃんの身体の様子を最も最優先した結果、自宅から190キロの箱根&江の島という選択をしました。まだまだ一緒に行きたいところは山ほど。シェリーちゃんとももちゃんが元気に歩けるうちに、私の身体が自由に動けるうちに、あと何回こんな楽しい旅行ができるのでしょう…。

 

こんなにステキな楽しい旅行に連れて行ってくれた子供たちと、一泊2日一緒にいてくれたシェリーちゃんとももちゃんに心からありがとうの気持ちです。