私の見ている世界

子供たちが成人して、愛犬たちとメダカたちに夢中。傍らで綴った小説は、来春電子書籍化されます

クリームシチューはママの味

明日は長女の27回目のお誕生日です。

小中高大、そして社会人と25歳までサッカー選手だった娘は、お誕生日の夜は必ず家でご飯を食べます。昼間居なくても、必ず。

そして、私の作ったシチューを食べます。

f:id:chihiroukiuki:20221009112328j:image

小さい頃から「お誕生日、何食べたい?」と尋ねると、決まって「白いシチュー」と言います。鶏肉とブロッコリーとコーンを入れたクリームシチュー。この鶏肉とブロッコリーという組み合わせ、アスリートなら「だよね」っていう組み合わせですね。

 

年頃になって、お誕生日当日に誰かから誘われると、突然出かけてしまいますが、日付の変わらないうちに帰宅して、お鍋の冷えたクリームシチューをレンチンして食べてから寝ます。

「これ食べないと誕生日じゃないから」

娘はそんなふうに言って笑います。念のため、一応毎年尋ねるんですよ。「予定は?夕ご飯は?」って。そして毎年「クリームシチュー作って」と。私への気遣いなのか、天然なのか…。

いずれにしても、食べたいと言ってくれるうちが華です。長男次男はとっくの昔からお誕生日は家にいません。まあ、それが正常なんでしょう。いや、長女も異常ではありません。

そんなこんなで、今年もクリームシチュー作っています。私が死ぬまで、いや手足の自由なうちだけですね。あと何年作れるのかしら。と思いながら作っています。

f:id:chihiroukiuki:20221009112350j:image

誕生日の明日は、末っ子と2人で8月から計画していたサプライズをします。楽しみだ…。そちらの様子はchihiro33.netの方でお伝えしようと思っています。大成功!みんなが満足のサプライズでした。