私の見ている世界

子供たちが成人して、愛犬たちとメダカたちに夢中。傍らで綴った小説は、来春電子書籍化されます

クッションと階段と愛犬の動きかた

朝晩の寒さが結構辛くなってきました。

早起きシェリーちゃんも、ももちゃんもお布団から出たがりません。出来ることなら私も出たくない。

出ますよ、はい。やっぱりね、洗濯物、早く干さないと乾かなくなっちゃう季節ですからね。

私の起きる時間は概ね5時半くらい。すぐに洗濯機をかけてから、弱めの暖房をつけます。もう少し本格的に寒くなれば、タイマーセットするのですけど、今はまだ手動で動かしています。

廊下とか、洗濯場って本当に寒いんですよね。床なんて冷えてるし。全館床暖房とか、憧れますね。

f:id:chihiroukiuki:20221114113444j:image

すっかりお年寄りになったことや先日の足の傷み、寒い季節に突入したことなどが重なって、シェリーちゃんは1日中ゴロゴロという生活に突入。

「お散歩」とフレーズにもさほど喜びを示してくれません。ドッグランもお庭も、ちょっと歩けば満足のようです。それでも、こうして私たち家族と共に生きていてくれることが幸せなんです。

f:id:chihiroukiuki:20221114113535j:image

我が家は、ひとりが在宅ワーク、ひとりは土日休みの平日勤務、ひとりはシフト制で不定休。そして私は、自宅の隣にオフィスを構えて、日中は行ったり来たりをしています。

なので、シェリーちゃんとももちゃんだけでのお留守ってほぼ無いんですね。

いつも誰か家にいて、シェリーちゃんはその時々で家にいる人のそばで過ごしています。常に身体の一部が人とくっついてないと嫌なんですね。だから、結局抱っこというパターン多いです。抱っこが無理だと、足元にクッション運び、その上で伏せをして待機。これはこれで可愛い。

f:id:chihiroukiuki:20221114113608j:image

一方のももちゃんは、寝ているシェリーちゃんのそばでおもちゃで遊びます。満足するとゴロゴロ居眠りタイム突入。

仲良く膝の上に並んでみたり、一緒のベッドやソファーで居眠りしたり。それを撮る娘たち。

 

ぼちぼち夜が寒くなると、シェリーちゃんとももちゃんと争奪戦が始まります。一緒に寝ると天然湯たんぽ的な温かさなので。「愛犬と寝ない」という愛犬家も多くいらっしゃるようですが、我が家は寝ます。「良くないよ」という人もいますけどね、寝ています。

シェリーちゃんは、一緒に寝る人を自分で選ぶんです。たとえ誰かが連れて行ったとしても、嫌だと寝ずに顔をペシペシ叩きます「嫌だよ」って。で、一緒に寝たい人のもとへ行きます。おかげ様で我が家にはペット用の階段(ベッドやソファーの乗降用)がいくつもあります。チワワは軟骨弱いので、あんまりジャンプしてはいけないというので。

f:id:chihiroukiuki:20221114113611j:image

猫に育てられたシェリーちゃんは、隙あらば飛ぶので、家にある全てのベッドとソファに階段付けてます。これ、便利ですね。